現状復帰工事は専門業者に頼もう|費用相場を要チェック

作業員

快適に利用できる状態に

空室

元々の仕様に合わせて

原状回復工事とは、入居者が退去した後で行われる工事です。大家は、次の入居者が快適に利用できる状態にするために、専門業者に原状回復工事を依頼します。原状回復工事により、以前の入居者がつけた汚れや傷などは除去されますし、水回りやエアコンなどの設備も問題なく使用できる状態になるのです。もちろん単に快適な空間にすれば良いわけではなく、元々の仕様に合わせる必要があります。たとえば壁紙の張替えでは、最初に白い無地のビニールクロスが張ってあった場合には、同じものを使用することになります。高級感のある布クロスに張替えをした場合には、その分費用がかかるので、回収のために家賃を見直す必要性が生じてくるからです。そのため原状回復工事では、業者には大家から、建築時の仕様について記した書類などが渡されます。業者はこれを確認しながら、可能な限り元の状態に近づけるように原状回復工事を進めていくのです。したがって原状回復工事後は、その賃貸住宅は新築時とほぼ同じ状態になります。建物自体の築年数が多くても、見た目が美しく機能性にも問題がないので、その分次の入居者が決まりやすいと言えます。ただし全ての設備が完全に新品になるわけではないため、多少の汚れや傷は残ることがあります。大家はそれについては、写真や書類などでしっかりと記録を残しておきます。そうすることで、次の入居者が退去した際に、原状回復トラブルを回避しやすくなるからです。