現状復帰工事は専門業者に頼もう|費用相場を要チェック

作業者

快適に利用できる状態に

空室

原状回復工事は、次の入居者が快適に使用できる状態にするために行われます。単にきれいな状態にするだけでなく、建築時の仕様に合わせることが肝心となっています。そのため施工後は、賃貸住宅は新築同様になります。ただしわずかな傷などが残ることもあるので、大家はトラブル回避のためにその記録を残しておきます。

賃貸退去時のトラブル予防

リフォーム工事

賃貸契約の現状回復(原状回復)は、トラブルになりやすい問題です。このため、ガイドラインが作成され、現在はガイドラインに沿って判断されています。また、入居前にチェックリストを作成して、傷や汚れなどを詳細に記入して報告することになっています。

相場に影響するものとは

空き部屋

手がかかるほど相場上昇

現状復帰とは、利用した賃貸物件の賃貸契約を結んだ時点の状態に戻すことをいいます。経年劣化した部分を除いた部分を元に戻すのですが、一定の費用がかかります。一般的な相場は1平方メートルあたり900円から6000円ほどになっており、現状復帰に手間がかかるほどコストが上がる傾向です。例えば、壁や天井のクロスの張り替えだけであれば、1平方メートルあたり900円台で済みますが、飲食店などのテナントに見られるように、元々の状態がスケルトンであれば、1平方メートルあたり6000円以上することがあります。これ以外にも、クッションフロアーを使用していた場合の張替えだと2500円以上、フロアカーペットの張替えだと2800円以上、タイルカーペットの張り替えだと3000円以上となっており、1平方メートルあたりの相場が高くなっていきます。テナント物件でスケルトン状態に戻すさいに生じる作業は、多くなっています。例えば飲食店で導入されることの多い無煙ロースターや排気ダクトの撤去、ダクトがシンプルであれば費用も抑えられますが、複雑な構造をしている場合は撤去相場も高くなります。また1975年まで認められていたアスベストが使用されているテナントの場合は、アスベスト除去工事費用なども加わる可能性もあるため、相場を押し上げる要因です。テナント付近に駐車場がない場合も作業効率が下がるため、現状復帰の相場も上がる傾向があります。現状復帰の相場は、面積や作業工程、駐車場の有無などで大きく変わってくるので要チェックです。

賃貸契約の際の注意点

作業員

賃貸契約の場合、インターネットなどの家を工事する必要がある契約の際に便利な面ばかりを見て軽く契約せず、後の原状復帰が必要なことにくれぐれも留意しましょう。また、その費用は大家さんなどの所有者とよく相談して決めましょう。